Web制作の費用はどれくらい?【企業と個人を比較】

現在、インターネットは私生活だけでなく、ビジネスにおいても重要になっています。

多くの企業や個人が、Webサイトを持つようになりました。

「自社もWebサイトを持ちたいが、制作費用や、どこに依頼すれば良いか分からない」

という人も、少なくないのではないでしょうか。

今回はそういった人向けに、Web制作の依頼先や費用について解説します。

Web制作の種類

Webサイトと言っても、目的によって、さまざまな種類があります。

種類を理解せずに依頼したのでは、「作ったは良いが、思ったものと違う」ということになりかねません。

Webサイトの種類は主に6つあります。

  • コーポレートサイト
  • サービスサイト・ブランドサイト
  • ランディングページ
  • オウンドメディア
  • ECサイト
  • リクルートサイト

    Webサイトを作る目的によって、作るべきサイトが変わってきます。

    それぞれのWebサイトの特徴を解説します。

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、通称「企業サイト」とも呼ばれ、会社の公式サイトです。

その会社がどのようなことをしているかという、名刺のような役割があります。

コーポレートサイトは主に以下の内容を載せます。

  • 会社概要
  • 事業案内
  • サービス内容
  • 採用案内

会社の信頼性にも繋がるので、会社を運営していくのであれば、ぜひ作っておきたいサイトのひとつです。

サービスサイト・ブランドサイト

自社のサービスや商品の認知度を上げるためのサイトを、サービスサイトやブランドサイトといいます。

コーポレートサイトは会社紹介が目的なのに対し、サービスサイトは、集客や購買率の向上を目的としています。

主に以下の内容を載せます。

  • サービス・商品の説明
  • お客様の声
  • お問い合わせフォーム

    ビジュアルも大切ですが、お客様の声は他社との差別化にもつながるので、ぜひ導入すべきコンテンツのひとつです。

ランディングページ

サービスサイトから、特定の商品・サービスを紹介するサイトのことを、ランディングページといいます。

以下の内容を、1ページで構成した広告のようなサイトです。

  • キャッチコピー
  • 商品・サービス紹介
  • 購入するメリット
  • お客様の声
  • お問い合わせフォーム

商品の購入・申し込みをゴールとしているので、ターゲットが理解しやすい構成にすることが大切です。

参考記事:ランディングページの作成を格安で依頼するには?

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で保有するメディアのことです。

例えば、以下のようなものをいいます。

  • ホームページ
  • ブログ
  • メールマガジン
  • パンフレット

    効果が出るのに時間がかかるのが特徴ですが、コンテンツを増やしていくことで、長期的な集客が可能です。

    そのためには、ユーザーが必要としているコンテンツを発信していくことが大切です。

ECサイト

ECサイトとは、Web上で、商品やサービスを販売できるサイトのことです。

コロナ渦の影響もあり、導入する企業が増えています。

ECサイトは、主に2種類の出店方法があります。

モール型サイト

代表的なものとして、Amazon楽天Yahoo!ショッピングなどがあります。

メリットは、知名度による集客のしやすさと、以下の無料構築ツールが用意されていることです。

  • 商品ページのデザインテンプレート
  • ショッピングカート機能
  • 決済サービス
  • セキュリティ

基本的な機能が一通り揃っているので、スムーズに出店が可能です。

デメリットは、同業者が多く、差別化しにくくなっています。

キャンペーンも、ECモール主体になるので、良くも悪くも影響を受けやすいと言えます。

参考サイト:【企業と比較】楽天サイト制作の料金はどれくらい?

自社ECサイト

自社開発や、Shopifyペライチなどの構築サービスを活用して出店します。

メリットは、モール型サイトに比べて、自社のブランディングがしやすく、差別化がしやすいことです。

デメリットは、自社で構築する場合、時間と知識が必要になることです。

参考サイト:Shopifyの制作代行はフリーランスへ?【企業と個人を比較】

リクルートサイト

リクルートサイトとは、その名の通り、企業の採用に特化したサイトです。

求職者に、自社の魅力をアピールすることが目的で、2種類の発信方法があります。

  • 企業サイト内にリクルートサイトを設置
  • 専用のリクルートサイトを作る
ニア

「応募要件」「求める人物像」だけでなく、「働いている人の声」などのコンテンツを作ることで、働くイメージが湧き、応募に繋がりやすくなります。


このように、Webサイトの種類はさまざまです。

自社が、何を目的にWebサイトを持ちたいかを明確にした上で、Web制作の依頼をしましょう。

「どのWebサイトを作れば良いか判断できない」

このような人向けに、弊社ニア・パートナーでは、無料相談を受け付けています。

ヒアリングさせていただき、最適なWebサイトを提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

>Zoomでの無料相談を予約する

Web制作の工程

「Web制作を発注したいけど、どういう風に作っているのか気になる」

「Web制作を依頼する際、どういうやりとりで進めていいか分からない」

と、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

スムーズにWeb制作を依頼するために、必要なやりとりと、工程を解説します。

ヒアリング

問い合わせ後、制作者が依頼者とヒアリングし、サイト制作の方向性を決めていきます。

  • サイトを作ろうとした経緯
  • どんなサイトにしたいか
  • 必要な機能
  • スケジュール
  • 予算

    サイトのベースとなる部分なので、少しでも不安なことがあれば、質問して解消しておきましょう。

    課題を明確化することで、より希望に沿ったサイト制作ができます。

お見積もり

ヒアリングの内容をもとに、お見積もり書が提出されます。

  • 工程
  • スケジュール
  • 費用

などが書かれているので、ヒアリングで伝えた内容と相違ないか確認しましょう。

発注

お見積もり書の内容に双方納得したら、発注です。

数社見積もりを行っているのであれば、

  • 制作者の実績
  • 安心して任せられるか
  • 一緒に仕事をしたいか

    価格以外の部分も、総合的に納得した上で発注しましょう。

制作・構築

発注後、制作・構築のフェーズに入っていきます。

  1. サイトデザイン
  2. コーディング
  3. 機能の実装
  4. サイトの環境構築

    上記の工程を経て、Webサイトが完成します。

    Webサイトが公開される前に、
  • 希望通りのサイトになっているか
  • 画像、テキストは問題ないか
  • 正常に動作しているか

    最終チェックを双方行い、問題がなければ納品となります。

企業のWeb制作費用

Web制作を行っている企業を検索すると、たくさんの企業が出てきます。

調べていると、同じWeb制作でも、企業によって費用に差があることに気づいた人もいるのではないでしょうか。

  • 費用による違い
  • いくら予算を準備するべきか
  • 企業が多すぎて、選ぶ基準が分からない

    違いを理解して依頼できるよう、企業の規模によるWeb制作費用の解説をします。

大手企業

社員数が50名以上の企業です。

Web制作費用は、内容によっては、100万円以上になることがあります。

費用以外の中小企業との大きな違いは、対応できる範囲の違いです。

  • 実績が豊富
  • 大規模なサイト制作が可能
  • マーケティング、コンサルティング力が高い

    各部門の専門家がいるため、安心して任せられます。

    大手に依頼したいけれど、費用を抑えたい場合は、何に重点をおくか決めてから発注しましょう。

中小企業

社員数が50名以下の企業で、業界的にも、この規模の会社が最も多いです。

Web制作費用は、30万円〜と、大手より費用を抑えることが可能です。

費用以外の中小企業の特徴は、社員数の少なさにあります。

  • 小回りが効く
  • 要望に対して、柔軟性がある

社員数が少ない分からといって、大手企業より技術力が低いということではありません。

高い知識を持った人材が、在籍している企業もあるので、高いクオリティを期待できることもあります。

そういった企業に依頼できれば、大手企業よりも安く、安心して任せることが可能です。

個人のWeb制作費用

インターネットで検索すると、上記のような企業が出てくることが多いですが、個人に依頼するという方法もあります。

Web制作費用は、10万円〜と企業と比べて、かなり低価格です。

低価格の理由は、ひとりで全て行うので人件費がかからないからです。

また、中小企業企業以上に、柔軟な対応が期待できます。

一般的なフリーランス

一般的にフリーランスに依頼する方法は、以下の4つです。

  • 知人の紹介
  • クラウドソーシング
  • 個人の事業サイト
  • SNS

    高スキルのフリーランスに依頼すれば、高品質な上に、企業の半分の費用でWeb制作が可能です。

    逆に、フリーランスによっては、スキルに差がある場合もあります。

    依頼する際は、実績・スキルをよく確認した上で依頼しましょう。

ニア・パートナー

ニア

弊社「ニア・パートナー」では、99,800円からWeb制作が可能です。

  • 最短1週間でWebサイト制作
  • 制作後の集客施策まで代行
  • 納品後のサポートも無償対応

    納品後のお問い合わせ比が、190%になった企業様もいらっしゃいます。

    無料相談も行っておりますので、お気軽にご相談ください!

費用を重視するなら個人へ依頼

  • Webサイトが欲しいが、費用はなるべく抑えたい
  • 企業に依頼するには、費用がネック

    といった、費用を重視するのであれば、個人へ依頼するのがオススメです。

    個人は、企業の半分ほどの制作費用に抑えられるというメリットがあります。

個人でWeb制作をする人が急増

近年、Web制作を行っている個人が急増しており、低価格でWeb制作をしたい時の依頼先として、欠かせない存在となっています。

それに比例して、個人にWeb制作を依頼する人も増加傾向です。

やりとりもオンラインで完結することが多く、地域にしばられず依頼できます。

また、優秀な個人に依頼すれば、低価格で質が良いサイトを制作してもらえます。

制作後のサポートが強い

Webサイトは作って終わりではなく、公開後の運用も重要です。

  • サイト情報の更新
  • プロモーション
  • お問い合わせ対応

こういった運用をし、サイトを成長させることで効果が期待できます。

ニア

個人の中には、Web制作から公開後の運用までサポートしてくれるところもあります。


自社で運用が難しい場合、マーケティングの知識がある個人に依頼しましょう。

質を重視するなら企業へ依頼

  • 費用よりも質を重視したい
  • 大規模なサイト制作を依頼したい

    といった、質を重視するのであれば、企業へ依頼するのがオススメです。

    大規模なサイト制作に対応する体制も整えているので、安心して依頼できます。

    ただ、質や規模が大きくなるに比例して、費用も上がるので、そこだけ気をつけましょう。

安心して依頼できる

企業は、法人になるだけの継続的な仕事があり、会社として安定しています。

複数人の社員が在籍しているので、

  • 誰かが欠けたとしても別社員がフォローするので、業務に影響がない
  • 専門知識を持った社員が揃っている

    こういった面でも、安心して依頼ができます。

実績が豊富

企業は実績が豊富な分、安定したクオリティの高いものを制作してくれます。

実績があるということは、さまざまな業界のWebサイト制作を行っている可能性が高いです。

ニア

成功事例をもとに、自社に適した提案をしてくれるので、より希望に沿ったサイトが制作できます。



また、自社と同じ業界のサイト制作の実績がなくても、事前調査や設計をしてくれる企業であれば、安心して依頼して大丈夫でしょう。

まとめ:Web制作の費用は個人が安い

  • 費用より質を重視したい
  • 複雑な機能を組み込みたい

    こういった質を重視する場合は、実績が豊富な企業に依頼することで、より希望に沿ったものを制作してくれるでしょう。
  • Webサイトは欲しいが、なるべく費用を抑えたい
  • サイト公開後の運用までサポートして欲しい

    こういった費用や制作後のサポートを重視する場合は、個人がオススメです。

    「個人のWeb制作費用が安いことはわかったが、どこに依頼していいか分からない」

    といったお悩みをお持ちの人は、弊社「ニア・パートナー」にお任せください。

ニア・パートナーは、丁寧なヒアリングをもとに、Web制作から公開後の運用までサポート致します。


>Zoomでの無料相談を予約する