【最新】Shopify制作の費用は?個人と企業を比較!

コロナウイルスの流行により、多くの企業の売り上げが低迷し、中には倒産した会社もありました。

そんな中、売り上げを伸ばした市場の一つに、ECサイト市場があります。

外出しなくても買い物ができるECサイトは、コロナ渦という状況で需要を急増させました。

ECサイトは主に2種類あります。

  • Amazon、楽天のような、プラットフォームに出店するモール型
  • Shopify、MakeShopなどの自社独自のECサイトを構築するASP型

    この記事では、APS型で特に注目されているShopifyについて解説していきます。

Shopifyとは

Shopifyとは

Shopifyは、2004年にECサイト開発・運営を助けるプラットフォームとして、カナダで誕生しました。

2017年11月に日本法人を設立し、日本語サポ―ト対応していることから、導入する企業が増えています。

人気の理由として、

  • 手軽さ
  • 低コスト
  • アプリが豊富

    などが挙げられます。

    現在では、175か国100万ショップ以上に導入され、広い指示を集めています。

Shopifyの特徴

Shopifyの特徴

日本国内でも法人をはじめ、個人でも利用者が増えてきました。

その理由は、プログラミングやデザインの知識がなくても、簡単にサイトを構築して販売できることにあります。

個人で制作することも可能ですが、設定ノウハウがない場合、他の個人が制作したものと似たものが出来上がってしまいます。

大半の利用者は、Shopifyの構築制作会社に依頼し、独自性を打ち出しています。

Shopifyの特徴としては、

  • 導入コストの低さ
  • SNS連携対応で集客に強い
  • 越境ECのへの対応

などが挙げられます。

導入コストの低さ

Shopifyは3つのプランが用意されいます。

いずれのプランも契約は月ごと、初期費不要です。

                        Shopifyの料金プラン

各プランの共通点として、

  • 商品登録数、画像登録数は無制限
  • ECサイトとブログ機能を含むストア構築
  • Shopify公式による24時間体制のサポート
  • ストア分析機能
  • 133の通貨で販売可能


などがあります。

ベーシックプラン

月額利用料$29(約3000円)と、基本的なプランの中では一番安価です。

スタッフアカウントは2つまでと、少人数で管理していくことになり、集客レポートや、マーケティングレポートなども利用できます。

事業を始めたばかりの人や、少人数で運営する人におすすめのプランです。

スタンダードプラン

月額利用料$79(約8300円)と、3つのプランの中では中間に位置します。

スタッフアカウントが5つに増えるので、アカウントごとに役割を増やして、運営することが可能です。

また、スタンダードプランからプロフェッショナルレポート機能が使用可能となります。

リピーターとなっている顧客情報、国別の顧客情報などが、取得可能です。

すでに、販売店舗を持っており、複数のスタッフで運営していきたい人におすすめです。

プレミアムプラン

月額利用料$299(約31,500円)と、基本的なプランの中では最も高額となっています。

プラン自体は高くなっていますが、取引手数料が最も安くなっていることから、収益次第では非常におすすめのプランです。

スタッフアカウント数が15個までになり、高度なレポート機能を使用することができます。

  • 高度なレポート→機能各種広告からの流入経路を分析が可能。
  • 顧客レポート→ロイヤルカスタマーやリスクのある顧客の分析が可能

    大人数でマーケティングに力を入れていきたい、収益が大きく、安価な取引手数料によるコストパフォーマンスを重視したい人におすすめです。

SNS連携対応で集客に強い

ECサイト運営の難しさの一つとして、集客力があります。

Shopifyは、SEO対策をすることができ、商品ページごとに、h1タグやメタタグなどの設定ができます。

また、各種SNSとの連携に対応していることも、大きな強みです。

Facebookとの連携

Facebookのストアアカウントに、Shopifyの商品を掲載し、販売することが出来ます。

また、Shopifyの管理画面から、Facebookユーザーへ自社サイトや商品の広告を出稿する機能も付いています。

Instagramとの連携

Instagramに投稿した画像に、商品のurlタグを付けることが出来ます。

そのタグをクリックすると、Shopifyの商品ページに遷移するので、より少ないクリック数で商品を購入することが可能です。

越境ECのへの対応

海外進出するひとつの課題として、言語と決済方法があります。

Shopifyは、こういった課題を解決し、海外進出がしやすくなっています。

  • アプリを導入することで、複数言語に自動で翻訳や、各言語専用のURLを作成
  • 決済、配送なども対象国のニーズにあわせて設定可能
  • 通貨は自動で為替レートを変換

    世界で3億人以上が利用している「Pay Pal(ペイパル)」や、「Amazon Payments」などのネット決済も可能となっています。

Shopifyサイトの制作にかかる費用

ShopifyでECサイトを作りたいと思っても、作り方が分からないという問題を抱えている人も少なくありません。

そんな時おすすめなのが、自社に代わって制作してくれる、制作代行です。

制作代行を依頼するメリットとして、以下の2つがあります。

  • 難しい設定など行ってくれるので、手間が省ける
  • デザインなどオリジナルなものを作れるので、差別化が可能

    また、Shopify制作で失敗しない制作代行の選び方として、以下の3つを確認しましょう。
  • Shopify制作の実績はどの程度あるか
  • ECサイトの理解が深いか
  • 運用面でも相談できる

    Shopifyを作ったのはいいが、売上が全く伸びないのでは意味がありません。

    ECサイトは他のサイトと比べて、運用面の情報があまり出回っていません。

    ECサイトの運用が不安な方は、ECサイトの理解があり、運用面の相談ができる依頼先を選びましょう。

    制作依頼先は大きく分けて、個人と制作会社があります。

個人

最近では、個人でShopify制作代行を行なっている人も増えています。

個人によっては、10万円〜制作してくれるところもあります。

個人には、主に2種類あります。

  • Shopify制作専門
  • Web制作とShopify制作、両方行なっている

どちらを選んでも大丈夫です。

「なるべく早くECサイトを立ち上げたい」

こういった場合は、スピード感がある個人がおすすめです。

個人によっては、2週間程で納品可能な場合があり、制作後の集客サポートを行ってくれる個人もいます。

先ほど紹介した、制作代行の選び方を参考に、自社に合う依頼先を検討しましょう。

制作会社

Web制作会社にShopify制作を依頼するというのが、一般的です。

制作会社の中には、ShopifyによるECサイト構築に特化している会社もあります。

制作期間は最短1ヶ月ですが、内容によって、それ以上の時間がかかってしまうことあるので、納期に気をつけましょう。

また、費用は30万円〜と、個人と比べて高額になっています。

費用は高くなりますが、企画力や制作力が安定しているというメリットがあります。

Shopifyサイト制作の料金内訳

Shopifyサイト制作の料金は10万円〜500万円以上とかなり幅が広いです。

制作料金は、実装したい機能や、どんなデザインのサイトにしたいかによって決まります。

多くの機能の実装や、オリジナルデザインで制作すると、制作料金もその分高くなります。

10万円〜100万円

基本的なECサイトの機能が利用できるShopifyサイト制作の場合、10万円〜100万円程になることが多いです。

この場合、以下の作業が含まれていることが多いです。

  • アカウント所得
  • ドメイン設定
  • 商品登録
  • 決済設定
  • 送料設定
  • 公式テーマを用いたサイトのデザイン

    基本的なECサイトの機能のみ必要、初期コストを抑えたい人におすすめです。

100万円〜300万円

Shopifyには、無料で提供されているテーマもありますが、オリジナルデザインでカスタマイズも可能です。

オリジナルデザインでカスタマイズしようとした場合、100万円〜300万円になることが多いです。

その他にも、

  • 追加機能やShopifyアプリ使用
  • 既存サイトをShopifyに移行


こういった工程を挟む場合も、この料金になることが多いです。

デザインにこだわりたい、機能をカスタマイズしたい人におすすめです。

300万円以上

大規模なサイト構築を希望する場合、300万円以上と高くなってきます。

Shopifyはカスタマイズ性が非常に高いです。

そのため、カスタマイズの程度によっては、100万円〜1000万円規模の構築になることもあります。

すでにオフラインで売上があるものを販売する、マーケティング費用をかけて運用したい方におすすめです。

自社がどのレベルの運用をしたいか、依頼先と相談して制作しましょう。

Shopifyを制作する工程

Shopifyを制作する工程

Shopify制作を依頼した場合、どのような流れで制作していくのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

主に以下の流れで制作していきます。

  • ヒアリング
  • お見積もり
  • 発注
  • 制作・構築

    個人と制作会社どちらを選んでも、このような流れで制作していきます。

ヒアリング

お問い合わせ内容を元に、ヒアリングしていきます。

明確な部分がない状態でも、現時点で決まっていることを依頼先に伝えれば、それを元に具体案を提示してくれます。

  • どういうサイトにしたいか
  • どんな機能が欲しいか
  • 扱いたい商品はなにか
  • どのようなユーザーに提供するか

    こういったヒアリングから目的・目標を明確にしていきます。

    サイトの大枠を決めるところなので、要望や気になることは全て伝えて、不安要素をなくしておきましょう。

    制作は代行先が行ってくれますが、以下のものは、依頼者が用意します。
  • Shopifyで販売する商品
  • サイトで使用するロゴや画像
  • 商品のタイトルなどのテキスト

自分で用意するのが難しい場合は、制作代行先に依頼することも可能でが、追加料金がかかるケースが多いです。

お見積もり

ヒアリングを元に、お見積もりを提示します。

ヒアリングで明確化した内容を元に、金額を提示するので、内容に疑問があれば相談しましょう。

ご予算に余裕があれば、さらに魅力的なプロモーションや、機能を追加することも可能です。

予算がオーバーしてしまった場合は、費用を抑えられる部分はないか相談しましょう。

提案内容とお見積もり金額に問題がなけば、ご契約となります。

発注

双方が、お見積もり内容に納得できたら、契約・発注です。

制作代行先から、正式に契約を交わすための契約書が発行されます。


契約書にサインし、契約の締結を行います。

「この人に依頼して大丈夫か」


しっかり確認した上で、サインをしましょう。

制作・構築

契約書にて締結後、Shopify制作を開始します。


依頼者も制作の過程を確認できるので、気になることがあれば相談しましょう。

制作代行先から経過報告がきた際は、要望通りに実装できているか確認します。

要望と違うものになっているときは、修正依頼を出しましょう。

最終確認をして、問題なければ、納品となります。

「費用を重視」ならShopify制作は個人へ依頼

「費用を重視」ならShopify制作は個人へ依頼

Shopify制作を依頼する上で、「費用と質」どちらを重視するか迷うと思います。

「費用を重視」するのであれば、制作会社より安価で依頼できる、個人がおすすめです。

先ほども解説した通り、個人と制作会社で制作費用に大きな差があります。

  • 個人:10万円〜
  • 制作会社:30万円〜

    個人によっては、スキルに差がある場合もあるため、依頼する前に「実績」や「スキル」を確認しておきましょう。

    「個人に依頼するのが不安」になる人もいるかもしれませんが、以下のようなスキルを持っている個人もいます。
  • 独自の知見やノウハウがある
  • 制作後の集客サポートをしてくれる
  • 制作後も、そのまま担当者としてサポートしてもらうことが可能

    信頼できる個人に依頼できれば、費用を抑えられるだけでなく、制作後の運用サポートもしてもらえます。

「質を重視」ならShopify制作は企業へ依頼

「質を重視」ならShopify制作は企業へ依頼

逆に、「質を重視」するのであれば、企業へ依頼するのがおすすめです。

Web制作に精通しており、企画力や制作力が安定しているので、安心して依頼できます。

ECサイト構築支援に特化している会社もあるので、経験豊富な制作会社に依頼すると、より高品質なサイトを制作してもらうことが可能です。

ただ、納期が最短1ヶ月なことと、制作費用が個人と比べて高くなります。

「早くサイトを公開したい」

「できるだけ、費用を抑えたい」

こういった希望を優先するのであれば、個人の方がおすすめです。

Shopify制作なら「ニア」へ!

上記のことをまとめると、以下のようになります。

  • 個人→短期間、低コストでShopify制作が可能
  • 制作会社→時間と費用はかかるが、高品質なShopify制作が可能

    時間と予算に余裕があり、高品質なサイトが作りたい場合は制作会社に依頼するのがいいでしょう。

    逆に、短期間で費用を抑えて制作したいのであれば、個人がおすすめです。

    ニアパートナー」は短期間、低コストでShopify制作が可能です。

    Shopifyサイトを作って終わりではなく、制作後の集客サポートもさせていただきます。

    「なんとなくしかイメージが出来ていない」

「細かい部分が決まってない」

こういったお悩みにも、ヒアリングで一緒に明確化させていただきますので、ご安心ください。

無料相談を受け付けておりますので、是非お気軽にご相談ください。