【検証】ランディングページのコーディング費用はいくら?

【検証】ランディングページのコーディング費用はいくら?

リスティング広告やSNS広告の着地ページのことを、ランディングページ(LP)と言い、Webマーケティングにおいて非常に重要な部分です。

ランディングページは、お問い合わせや成約などのコンバージョンに直結するため、どのように効果の出るランディングページを作れるかが鍵になります。

実際にランディングページを依頼したくても、

「Web制作会社だと金額が高い..」「ランディングページが必要だが予算が厳しい」

など、悩みを抱えていて、作成を依頼できない人もいるのではないでしょうか?

今回は、制作会社とフリーランス、それぞれランディングページのコーディング費用を検証します。

そもそもランディングページのコーディングとは

ランディングページを作るためには、コーディングと呼ばれる作業が必要になります。

コーディングとは「プログラム(コード)を書く作業」を指しますが、LP制作のコーディングはWebページを制作する際に使われる以下3つのスキルを使います。

  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript


弊社が実際これまでにコーディングをしたランディングページは、以下のようなものになります。

家・ビル・商業不動産売却の不動産オークション

ランディングページはすでにリスティング広告などによってターゲットが絞られています。

このため、特定の層にとって最適でないLPは、効果が出にくいものになってしまいます。

ランディングページは、「ターゲット層に最適化したコーディング」が必須になります。

制作会社にランディングページのコーディングを依頼する際の費用

Web制作会社にランディングページのコーディングを依頼する場合、比較的費用は高めになります。

もちろん会社によって費用は変わってきますが、大体の相場は以下のようになります。

求めることが多くなれば、その分費用も高くなる傾向にあります。

質の高いランディングページを依頼し、その後売り上げが伸びれば良いですが、けして保証はないです。

そのため、ランディングページのコーディングを依頼する際は、

  • 費用対効果は期待できるか?
  • この制作会社が作ったLPは過去に売上を伸ばせたのか?

などを考慮して、慎重に意思決定するべきです。


ただ存在しているだけのランディングページでは、依頼にかけた費用が無駄になってしまいます。

特に制作会社にランディングページのコーディングを依頼する際は、費用対効果を意識しましょう。

フリーランスにランディングページのコーディングを依頼する際の費用

制作会社と比べても、フリーランスはランディングページの作成料金が安めです。

最近は「Web制作のスキルがあるフリーランス」はかなり増えており、

「制作会社は金額が高すぎて依頼できない…」

など悩んでいる人にとっては、大きな存在ですね。依頼するフリーランスによって金額は異なってきますが、弊社では以下の料金でランディングページのコーディングを承っています。

有り難いことに、弊社は様々なクライアント様から依頼をいただいています。ランディングページだけでなく、コーポレートサイトやECサイトの構築まで可能です。

≫ニアパートナーの制作実績を見てみる

フリーランスは制作会社より格安

最近はWeb制作フリーランスが増えていますが、料金は制作会社よりも低めに設定している人が多いです。

ランディングページのコーディングを依頼する場合、最大でも30万円以内に収まります。


弊社では、制作会社の半額以上の料金で、ランディングページのコーディングを承っています。

「フリーランスに依頼するのはちょっと不安…」
「安いのは良いけど質が心配…」


と悩む方もいるとは思いますが、フリーランスのスキルを判断する際は「過去の実績」を確認するといいでしょう。

「実績」を見れば、そのフリーランスがどんな物を作れるのか目で確認できるため「安心」に繋がります。

弊社では「顔の見えるお取引」を重視しているため、まずはクライアント様の「目的」「悩み」をヒアリングさせていただいた後、制作へうつります。

まずは一度、お問い合わせいただき、ZOOMでリモートMTGをさせていただきます。

≫無料でご相談・お問い合わせをする

納期に柔軟に対応できる

フリーランスにWeb制作を依頼する場合、納期の期間に柔軟に対応できる場合が多いです。

「業績が落ち込んでいて、今すぐランディングページを作って売上を改善したい」

「少しでも早くサイトを作ってWeb集客をしたい」

それぞれ抱えている問題や悩みは異なるため、フリーランスにとって可能な範囲で納期に対応できる人が多いです。

弊社では1ページもののページ制作(ランディングページ)なら最短1週間でご納品可能となっています。

一方で、制作会社に依頼する場合は一般的に「2週間~1ヵ月」が目安になります。

「フリーランスにランディングページ作成を依頼するメリット」

1.制作会社より納期が短い
2.すぐに売上に繋がる可能性がある


ランディングページの場合は直接売り上げに関わってくるため、納期が早いほうが断然良いです。

納期の期間を重視する場合、ランディングページのコーディング依頼はフリーランスの方が柔軟に対応できます。

ランディングページのコーディングをフリーランスに依頼するメリット

Web制作会社は「Web制作のプロ集団」であるため、サイトの質が極めて高いのは事実です。

ただ、多くのクライアント様が抱える悩みとして、

「制作会社は費用が高くて依頼できない…」

という点があります。

どんなにサイトが欲しくても、費用が高くては依頼できないため、物事が進まなくなります。

フリーランスであれば、制作会社の半額程度でランディングページ制作を依頼できます。

「ランディングページのコーディングをフリーランスに依頼するメリット」

1.費用が制作会社の半額以上で格安
2.納期に柔軟に対応できる


弊社でも、「費用格安&納期最短」でランディングページのコーディングが可能です。

≫無料でご相談・お問い合わせをする

①格安なのに質が高い


もちろんフリーランスによってスキルの高さは異なりますが、最近はWeb制作会社とパートナー化(業務委託契約)するフリーランスも多いです。

このため、フリーランスのWeb制作スキルを過度に心配する必要はないです。

弊社でも、サイト制作をする際は「質」に強くこだわっています。

家・ビル・商業不動産売却の不動産オークション

上記は弊社が実際に2週間で納品をしたランディングページになります。

Web制作会社に上記のコーディングを依頼する場合、最低でも20〜30万円の費用がかかります。

②作って終わりではない

Web制作会社にサイト制作を依頼する際、「サイトを作ったら終わり」という場合があります。

作っただけのサイトは、存在価値も低いですし売り上げにも繋がりません。

Web制作に関わる他のスキル

1.Web集客
2.SNS集客
3.コンテンツマーケティング


弊社では、制作後の集客施策まで考慮してマーケティング活動を一任することも可能です。

≫詳細を確認する

費用も月額5万円と、高く設定しておりません。

【結論】ランディングページのコーディング費用はフリーランスの方が安い

ビジネスモデル的に考えても、「ランディングページのコーディング費用」は制作会社の方が高くなります。

「なるべく安い費用でランディングページが欲しい」

「費用を安く済ませて、質の高いランディングページが欲しい」

とお考えであれば、フリーランスへのサイト作成依頼も検討してください。

弊社では、ランディングページ以外にも「コーポレートサイト」「ECサイト」の作成も承っています。それぞれ、制作会社より断然安く同程度の品質で納品が可能となっています。

≫無料でご相談・お問い合わせをする